仕事と子育ての両立

仕事と子育ての両立は簡単なことではありません。現在は専業主婦は少なくなり、結婚し、子育てをしながら仕事をしている人は少なくありません。どんな工夫をすれば仕事と子育てをうまく両立することができるのでしょうか。親と子供だけという核家族が増えている中、仕事と子育てのやりくりはとても難しくなっています。とくに大変なのが赤ちゃんや幼児、小学校低学年の児童のいる家庭です。小学校や幼稚園で風邪などが流行っていて、子供が体調を崩したりもします。急な事態に対応できる職場を選ばなければ仕事と子育てを両立することは難しいでしょう。小学校の3年生以上になると熱を出す頻度も少なくなり、風邪も引きにくくなるかもしれませんが、習い事やスポーツなどで、休みの日でも親にも用事が入ったりもします。休みの日は少々大変ですが、子どもが小さい時よりは仕事と子育ての両立はしやすくなってくる時期です。仕事と子育てが難しい時期のピークは、子供がまだ小さい時です。自分一人で何か何までやってしまおうと思わないことが重要になります。家族全員で協力し合い、分担できることはやってもらいましょう。各自治体にもファミリーサポートセンターなど子育てを助けてくれる機関がありますので、相談するのもひとつの方法です。仕事でも、子育てでも、人から助けてもらったり、アドバイスをもらうなどして、負担を減らしながらやっていきましょう。

子育てしながらできる仕事

子育てしながらできる仕事についてです。子どもを産んでも仕事を続ける人や働きたいと思っている人が増えています。子育てをしつつ、仕事をしたいという場合、どういった仕事が合っているでしょう。子育てしながら仕事をする場合、シフトの融通が利き、短時間でも働ける仕事がおすすめです。同じ環境で働く人がいて、子育てについての相談ができたり、シフトの調整ができれば申し分ない仕事場です。レストランやカフェ、ファーストフードの店員の仕事は子育て中の主婦に人気の仕事です。シフトの調節がしやすく、経験がなくても採用されやすいところです。仕事は接客、配膳、厨房調理などです。軽作業や製造スタッフも子育てしながら仕事をしたいという人に人気の職種です。3日間や1週間など、短期で終わる仕事も多いですから、数日間働きたいという人にも合っています。働いている人数が多いこともあり、子どもが急に病気になっても休みやすいことから子育て中の主婦に人気があります。子育てをしていると何かと体力を使うため、仕事は体を動かさないものがいいという人には、事務仕事がいいでしょう。スキルを身に付ければステップアップすることもでき、長く働けるのも魅力です。残業がほとんどないという事務の仕事も多く、子育て中の人にはありがたい職場です。仕事を選ぶことで、子育てとの両立は十分可能になります。どちらもできるように仕事を選んでいきましょう。

仕事と子育てを両立する工夫

仕事を続けながら子育てもしている人が最近とても多いようですが、なかなか両立がうまくいかないという人もいます。仕事もできて、子育てもしてという人は、どんな方法で取り組んでいるのでしょう。子育てしながら仕事をするために大事なのは時間の有効活用です。仕事面では、周囲の人と今やっている仕事を共有しておくこと、急に休んでも問題がない環境を整えておくことです。自分がいなければ仕事が進まないということがないようにし、大事なプロジェクトは2人体制にしてもらうのも良い方法です。家庭でも、家事や子育てについての協力体制とコミュニケーションを欠かさないようにしましょう。サポート次第で作業はとても楽になります。アイロンや裁縫道具、食器などちょっとしたものがどこにあるかなど、家族全員が分かるようにしておくことが大切です。幼稚園や保育園に行く時にはこまごまとしたものを持参しなければならない時もありますが、それらの情報は夫や子どもとも共有します。子育ては夫婦で助け合ってすることで主婦も仕事と家庭の両立をすることができるのです。仕事の進め方にも工夫が必要です。子育てをしていると、子どもにどんなことが起きて仕事が止まるか定かではありません。余裕をもって仕事を進められるようにスケジュールを立てることが必要ではないでしょうか。子育てをしつつ、仕事も続けることは並大抵のことではありませんが、やりようによっては何とかやっていけるでしょう。